読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It’s now or never

IT系の技術ブログです。気になったこと、勉強したことを備忘録的にまとめて行きます。

UIViewControllerのカスタム画面遷移① (モーダル遷移)

iOS7から、UIViewControllerの画面遷移を自由にカスタムできるようになりました。 今回は、UIViewControllerモーダル遷移について記載します。

遷移元ViewControllerの実装

遷移元のViewControllerにて、 UIViewControllerTransitioningDelegateを継承します。

/*
 アニメーションコントローラを返すメソッド(モーダルビュー表示)
 */
- (id <UIViewControllerAnimatedTransitioning>)animationControllerForPresentedController:(UIViewController *)presented
                                                                   presentingController:(UIViewController *)presenting
                                                                       sourceController:(UIViewController *)source
{
    // UIViewControllerAnimatedTransitioningを継承したNSObjectを返す ※後述
    return [[TransitionObject alloc] init];
}


/*
 アニメーションコントローラを返すメソッド(モーダルビュー消去)
 */
- (id <UIViewControllerAnimatedTransitioning>)animationControllerForDismissedController:(UIViewController *)dismissed
{
    // UIViewControllerAnimatedTransitioningを継承したNSObjectを返す ※後述
    return [[TransitionObject alloc] init];
}

Segueを使用した画面遷移

StroryBordのSegueを利用する場合は、アクション実装箇所で下記のようにSegueの遷移を呼び出します。 (StroryBord上は、ModalStyleのID@“TransitionSegueId”Segueとして定義しておきます)

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
    [self performSegueWithIdentifier:@“TransitionSegueId” sender:nil];
}

prepareForSegueでは、上記で実装したtransitioningDelegateにViewControllerを指定しておきます。

※ modalPresentationStyleは、UIModalPresentationFullScreenまたはUIModalPresentationCustomの必要があるようです。

- (void)prepareForSegue:(UIStoryboardSegue *)segue sender:(id)sender
{
    ViewController *viewController = (INRegisterFeedViewController *)segue.destinationViewController;

    viewController.transitioningDelegate  = self;
    viewController.modalPresentationStyle = UIModalPresentationFullScreen;
}

UIViewControllerAnimatedTransitioningの実装

上記のanimationControllerForPresentedControllerにて指定しているTransitionObjectオブジェクトには、下記2つのメソッドの実装が必要となります。

/**
 *  アニメーションにかかる時間を指定
 *
 */
- (NSTimeInterval)transitionDuration:(id<UIViewControllerContextTransitioning>)transitionContext
{
    return 0.5;
}

/**
 *  画面遷移アニメーションを指定
 *
 */
- (void)animateTransition:(id<UIViewControllerContextTransitioning>)transitionContext
{
    // UIViewAnimationなどで任意のアニメーションを指定
}

これだけで簡単にオリジナルのアニメーションを実装できます。 アニメーションモデルを分離して書けるので、シンプルですね。

もっと高度なアニメーション制御もできるようなので、 色々と試してみたいと思います。